動画編集スクールでデジハクを選んだ3つの理由

※この記事が参考になる人
 動画編集スクールを検討している人
 デジハクが気になっている人

動画編集は今、YouTubeで無料で学べますが、「最短ルート」で学びたかった私は、スクールに入ることを決意します。

数あるスクールの中で私は「デジハク」を選びました。

私が「デジハク」を選んだ理由は以下の3つです。

  • マンツーマンレッスン
  • オンライン完結
  • 説明会で言われた一言

順番に解説します。

※記事執筆の時点では、すでに半年間の受講を終え「卒業」しています。

マンツーマンレッスン

一番の決め手は担当の講師がついてサポートしてくれることです。

私がスクールを探していた当時はマンツーマンレッスンを実施しているのは「デジハク」くらいだったと思います。

実際にフリーランスとして活躍している方が講師となり、半年の間、面談を通してサポートしてくれます。

オンラインの家庭教師

みたいな感じでしょうか。

半年という受講期間の間、やはりモチベーションの維持が重要になってきます。

私の場合、同い年の男性の方が講師でした。

同い年だから打ち解けて仲良くなるかと思いましたが、そこはある程度の距離感を保って、友人というよりは師弟のような関係でした。

オンライン講義を進めながら定期的に面談を行い、進捗状況や案件獲得のアドバイスをもらいました。

特に案件が取れなくてしんどかった時は励ましてもらいました。

私が動画編集を半年間続けられたのも講師がいたからだと思います。

オンライン完結

私の住んでいるところが田舎だったので、必然的にオンラインで完結するスクールを検討することになりました。

スクールの中には

・完全オンライン

・オンラインとオフライン併用

がありました。

結局のところ、講義をネットで視聴するのか、実際の校舎で学ぶのかの違い程度にしか私は感じていなかったので、

わざわざ遠い校舎に出向いて学ぶ必要があるか考えたら、答えは決まっていました。

もちろん、オフラインではわからないところを講師に直接聞いたり、志を同じくする仲間と出会えるメリットがあると思っています。

説明会で言われた一言

「オオノさんならできます」

私が説明会で言われたこの言葉が、卒業した今でも鮮明に頭に残っています。

当時「デジハク」ともうひとつのスクールで迷っていた時、オンラインの説明会に参加しました。

「デジハク」の担当者と一対一の面談方式での説明会でした。

約1時間の説明会の最後に言われたこの一言。

言われた時は、

オオノ
オオノ

たった1時間話しただけで何が「できる」だ

誰にでも言ってる営業文句なんだろうな

くらいに思っていましたが、なぜかそれがずっと頭の片隅に残っていました。

それがいつの間にか、

オオノ
オオノ

そう言うなら、本当に「できる」か試してやろう

という気になり、「デジハク」に入ることにしました。

結果、できてしまいました。

こうして2022年12月の終わりに受講を開始して、2023年7月の初めに受講が終わり、晴れて「卒業」しました。

まとめ

私が「デジハク」を選んだ理由をまとめると

・マンツーマンレッスン

 プロの方に直接教わりながらモチベーションを高めたかった

・オンライン完結

 田舎に住んでいたため必然的にこの選択になった

・説明会で言われた一言

 「あなたならできる」と言われ試してみたくなった

以上、動画編集スクールでデジハクを選んだ3つの理由でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました