デジハクを卒業して思う良かったこと4つ

私は2023年7月に動画編集スクールの「デジハク」を卒業しました。

半年間の受講期間を終えて良かったことを紹介していきます。

「デジハク」を選んだ理由については、以下の記事で紹介しています。

動画編集スクールでデジハクを選んだ3つの理由

良かったこと

・案件を獲得できた

一番はなんといっても案件を獲得できたことです。

「動画編集でお金を稼ぐ」

ということがまったく想像できない状態から、動画編集を勉強し、案件を獲得してお金を稼げました。

この一連のプロセスを体験できたのは「デジハク」あってこそだと思っています。

受講料は決して安くないですが、案件を獲得して受講料を回収することも可能です。

私は受講期間中に9割方受講料を回収することができました。

(本当は全額回収したかったですがわずかに及ばず…)

「デジハク」に入るか迷っていた時、安くない受講料にビビっていましたが、逃げなくて良かったと思います。

払った金額で動画編集のスキルとほぼ同額のお金を稼ぐことができました。

・講師が親切だった

「デジハク」では実際にフリーランスとして活躍している方が専属の講師となって学習のサポートをしてくれます。

私が「デジハク」を選んだ決め手はこれでした。

私は同い年の男性の方が講師でした。

面談では現役のフリーランスとして活躍している話を直接聞くことができました。

今まで生きてきて、初めて、

「この人のようになりたい」

と思いました。

会社員として働いていた時は、

「こんなやつになりたくない」

と思うような人しかいなかったので、この感情はとても新鮮でした。

フリーランスとして活躍していて、とても優しく頼りになる存在。

同い年ですが、尊敬していました。

半年の受講期間で、講師面談を行なった回数は、合計16回。

およそ11日に1回というペースですね。

面談の設定は自由だったので、講師のスケジュールが空いていれば、極端な話、毎日することもできます。

私は少し遠慮気味だったかなと思っています。

それでも1回1回の密度が濃かったので、十分でした。

・教材は引き続き利用可能

「デジハク」では受講終了後も教材を閲覧することができます。

受講期間が終了したら教材は見れなくなってしまうスクールもあると聞きます。

私は早めに終えていたので、復習程度に使えればいいなくらいに思っていました。

ですが内容がアップデートされたり、新しいコンテンツが追加されるので、さらにスキルを高めることができます。

・コミュニティも継続

「デジハク」には受講生のコミュニティがあります。

「デジハク」では定期的に動画編集に役立つ有益なイベントが開催されており、卒業後も参加できるのは嬉しいです。

このように教材やコミュニティが半永久的に利用できるのというのはお得ですね。

改善してほしいこと

良かったことばかり語っても信憑性がないので、個人的に改善してほしいと思ったことも紹介します。

・教材が足りない

半年間の受講期間中、初めの2か月で教材をすべて終えました。

私はたまたま人より時間があったので早く終わってしまっただけなのですが、少し物足りなさを感じました。

ですが最短で案件を獲得することを考えたら、あまり多すぎない方がいいのかもしれません。

教材の質は良かったですが、中にはYouTubeに上がってる動画と全く同じものもありました。

YouTubeの動画にもわかりやすいものも多いので、これは仕方ないことなのかなと思います。

教材は卒業後も引き続き利用可能なので、アップデートに期待したいと思います。

・転職支援があれば良かった

「デジハク」に転職支援があればフル活用していたと思います。

もちろん、このサービスがないことは承知していましたし、他のスクールにこのサービスがあることを知った上で、あえて「デジハク」を選んでいます。

実は私は受講中に仕事を辞めたので、転職のサポートがあればいいなと思っていました。

結果的にはフリーランスになりましたが、映像制作会社などで修行できたら良かったと思います。

・最後に

クラウドソーシングサイトのプロフィールページなどで、他の人のポートフォリオを見ることがあるのですが、ポートフォリオの動画が丸かぶりすることがよくあります。

同じデジハクで学んでいる方なんだと思うと親近感が湧きますが、一方で画一的で周りに埋もれてしまう怖さみたいなのもあります。

同じ教材で学習してる以上ポートフォリオがほとんど同じになってしまうのは仕方のないことです。

ですから、これからどんどんポートフォリオを充実させて、「脱・デジハク」(もちろん良い意味で)を図っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました